会社勤めが苦手な僕が、それでも会社員を続ける理由①

サラリーマン

どうも、まさひろです。

僕は現在、自分が何もしなくても、自動的に収益があがる仕組みを構築しています。

そのため会社勤めを続けなくても良いのですが、それでも今も会社員を続けています。

正直に告白すると、僕は会社勤めが苦手です。

ではなぜ、会社勤めが苦手な僕が今もなお会社勤めを続けているのかについてお話しをしようと思います。「ネットビジネスで稼いで会社を辞めてやる!」って考えている人も、今回のお話しを読んで、その決断が本当に自分に合っているのかを考えるヒントになるでしょう。

会社勤めの最大のメリットはやはりアレ

会社勤めの最大のメリットは何といっても、

毎月決まった日(給料日)に決まった額のお金(給料)をもらえることです。

対してネットビジネスは、売り上げがないと、収入をえることができません。

会社勤めは、たとえ売り上げが上がらなくても、自分が少しサボってしまっても、

決まった給料日に決まったお金があなたの銀行口座に振り込まれます。

売り上げが立てられず焦るなんてこともないんです。

そういう意味では「安定」していますよね。

他人のお金(会社のお金)でいろいろと試行錯誤ができる

会社勤めのメリット2番目は、

他人のお金(会社のお金)でいろいろと試行錯誤ができる ことです。

あなたの財布からは1円も支出せずに、いろいろな企画を立てたり、商品を仕入れて販売することができます。

商品の仕入れ資金や在庫の保管リスク、郵送費などもすべて会社持ち。

これを個人の物販ビジネス。

例えばAmazon転売に置き換えると、

仕入れ資金も

在庫保管資金も

商品の郵送費も

すべて自分のお金を使わなくてはいけません。

そう考えると、他人のお金でビジネスができる安心感があります。

例え仕入れに失敗しても、そのお金を負担するのは会社ですから。

あなたの財布の中身は減らないわけです。

自分ではとてもじゃないけど仕入れることができない高額な商品も

会社のビジネスだったら会社のお金で仕入れることができます。

そのため他人(会社)のお金でいろいろと試行錯誤ができますよね。

会社勤めは、情報発信をするうえでのネタの宝庫

会社勤めは正直、理不尽なことも多いです。

会社独自のルールを守ったり、

上司や同僚とのしがらみの多い人間関係

イヤなお客さんへのクレーム対応

などなど。

こういう負の側面もあります。

その負の側面がイヤでネットビジネスに取り組む人が今も多いですよね。

でも、この会社勤めの負の側面が実は、情報発信のネタになるんです。

例えば、ムダが多い会社の独自ルール。

この独自ルールに対して、居酒屋でグチや不満を言って終わるのが通常です。

でも情報発信者なら、

このムダが多い会社の独自ルールを、「どうしたらもっと効果的なルールになるのか?」について

ブログやメルマガなどで情報発信すれば、それが「価値ある情報」に変わります。

また、会社のしがらみの多い人間関係。

その人間関係をどうしたら円滑にすることができるかを考え実行し、それがうまくいけば

その経験も情報発信のネタになります。

同じように会社の人間関係に悩んでいる人にとって、あなたの書いた記事は「価値ある情報」であるからです。

このように、情報発信をするうえで、会社勤めはネタの宝庫になっています。

ブログやメルマガなどの情報発信を続けていくうえで、「発信するネタがない」という相談を受けることがあるんですが、

もしその相談者の方が会社員である場合は、「ネタがない」なんてことは絶対にありえません。

なんせ、会社勤めは問題が頻繁に発生しますし、悩んでいる人も多いので、いくらでも価値提供ができます。

世間からの視線に耐えうる

会社勤めのメリット最後は、

世間からの視線に耐えることができる

です。

悲しいのですが、ネットビジネスに対しての世間の認知度は低いです。

そのため、「ネットビジネスを仕事にしています」と知人に言うと、

「なんか怪しいことをやっている」みたいな受け取られ方をしてしまう場合があります。

しかも自動収益化の仕組みを作ってしまえば、

会社に行かず、

平日の昼間から毎日カフェでのんびりしたり、

ゲームをしたりできるので

はたから見ると「仕事をせずに遊んでいる人」に見えるわけです。

そうなると世間からの目が厳しいものがあります。

正直、世間の目なんて気にしなければどうでも良いんですが、

例えばあなたが奥さんや子どもがいる場合に、

あなたに対してではなく、奥さんや子どもに好奇な目が向けられる心配もあります。

まあ、生きづらい世の中ではありますよね…。

「言いたいことも言えないそんな世の中じゃ、ポイズン」(By 反町隆史)状態です。

会社勤めにはメリットがある。でもそれだけに依存するのは危険

これまでお話ししてきたように、会社勤めにはメリットがあります。

ここまでのお話しをまとめると

① 毎月決まった日(給料日)に決まった額のお金(給料)をもらえる

② 他人のお金(会社のお金)でいろいろと試行錯誤ができる

③ 会社勤めは、情報発信をするうえでのネタの宝庫

④ 世間からの視線に耐えうる

このメリットを活かさない手はないわけです。

しかーし。会社勤めだけに依存するのは危険です。

ここまではメリットを紹介してきましたが、会社勤めのデメリットを挙げると

① 自己裁量権がない

② どんなに働いてももらえる給料は変わらない

③ 通勤電車

④ 上司や同僚との人間関係

⑤ お客を選べない

などなど。

生活を支える収入源が、会社からもらえる給料のひとつしかないと、

万が一、会社が業績不振により倒産した場合、一気に生活が詰みます…。

また社内の人間関係、お客様への対応等で精神的なストレスがあります。

オススメなのは、会社勤めと並行してネットビジネスに取り組むことです。

会社勤めと真逆のネットビジネスに取り組むことで、

収入の多角化からくる精神的なストレスや不安の解消につながります。

会社勤めとネットビジネスを併用することで、

どちらがうまくいかなくても、片方に別の収入源があるという安心感をえることができます。

会社が倒産しようがしまいがどっちでもいい。

ネットビジネスでなかなか成果が上がらなくても焦らない。

この状態になれば、勤める会社に対しての「期待」や

ネットビジネスでの成果に対しての「期待」を持たずにすみます。

「期待」はときに「願望」に変わり、その「願望」は「執着(しゅうちゃく)」に変わります。

「執着」するものは手に入らないのが自然の原理です。

例えばあなたが

「綾瀬はるかさんや長澤まさみさん、新垣結衣さんと結婚できる」と「期待」し、

その「期待」が「願望」に変わり、

そして「執着」に変わってそれは手に入りません…。

話が若干それましたが、本題に戻ると、

ネットビジネスでも成果に「執着」するとうまくいきません。

だからこそ、その「執着」をしないうえでも

会社勤めという収入源をネットビジネスとは別に持っておくメリットは充分あります。

会社勤めが苦手な僕が今でも会社勤めを続けている理由は、

あくまで「ネットビジネス」を成功させ続けるためです。

言葉は少し悪いですが「ネットビジネス」を成功させるために

会社勤めを利用しても良いと思います。

脱サラして最初からの独立を考えている人も、

会社勤めのメリットを自分が今使いこなせているかを一度見直してみるのも良いでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

それでは、また!

【平凡なサラリーマンがPC1台で月収100万円を目指す物語】

僕は元々うだつの上がらない平凡なサラリーマンでした。
しかし、月収600万円を稼ぐ師匠との出会いによって「起業」という世界を知り、今では自動的に収益が発生するしくみを作ることに成功しました。

こういう話を知人にすると、「それはお前に才能があったからじゃないの?」と言われます。

でもちょっと待った!

僕はもともと、とくに目立った資格も実績もないただの素人でした。

月収600万円を稼ぐ師匠と出会いビジネスを教わってから少し真面目にコツコツ実践したら、あっという間に目の前に見える景色が変わりました。

誰でも真面目に実践すればできるんです。
大きな実績や才能は不要です。

「多くの人から感謝されながら」稼ぐ

そんな世界がたしかに存在するんです。

これまでの僕の過去とこれからの未来につい下記でご案内する漫画でご紹介しています。

ちなみに僕はメールマガジンも配信しています。

その中では有料級のプレゼントの配布や僕が教わってきたなかでも厳選された情報や稼ぎ方の具体的な方法をお話ししています。

もし興味があれば読んでみてください。

「読み物として面白い」というお声を読者の方から頂く機会が多いです。

メールマガジンに関しては下記の漫画ページでご案内しています。

送っていただいたメールアドレス宛にすぐに1つ目のプレゼントをお送りさせて頂きます。

サラリーマン マインド
会社を辞めても困らない生き方を実現する平凡サラリーマンの物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました