【経験談コンテンツで実績ゼロから100部売れた】

【実績・ノウハウ不要で自分の経験・理念をコンテンツとして販売する方法】を
公式LINEで配信中

詳しい話を聴きたい方はコチラヘ

過剰な値引きは、自分を苦しめる

仕事

どうも、まさひろです。

将来、自分の商品を作って、販売したいと思ったときに忘れてはいけない「価格付け」についてお話しをしていこうと思います。

自信を持って作った商品なのに

自分の商品を販売する際に、やるべきではないことは、「過剰な値引き」です。

なぜなら、「過剰な値引き」は、あなたの価値を低くするのはもちろん、お客様も傷つけます。

例えば、Aさんはある商品を作りました。

Aさんとしては、かなり良いものを作ったと自信を持っていました。

しかし、なかなか商品が売れません。

焦ったAさんは、大幅に価格を下げて販売することにしました。

すると、なんとAさんの商品が売れていきました。

「良かった良かった」と安心したAさん。

しかし、後日購入したお客様からクレームが。

「安くなってたから買ったけど、もっとサポートして欲しい」

「思ってたのと違うから、返金して欲しい」

などなど。

Aさんは頭を抱えます。

Aさんは自分としては、最高の商品を販売したと自負しているし、げんに販売前にその商品を使ったモニターの方々からは喜びの声も頂いている。

なのに、なぜ?

Aさんが作った商品自体に価値があるという前提で、なぜこんなことが起こったのか考えてみたいと思います。

過剰な値引きは本来買うべきじゃない属性のお客様も呼びよせる

値段を安くしたほうが売れる。

たしかにそうなんですが、過剰な値引きはあとあと自分を苦しめます。

値引きしたから、買ったお客様というのは、そもそも商品自体に価値を見出したよりは、値引きされておトクだったから買った。

というパターンが考えられます。

その商品に価値を感じていれば、値引きされたかどうかは関係なく、商品を買おうと思いませんか?

Appleの iPhoneに価値を感じていれば、どんなに高くても買いたい人はローンを組んででも買います。

好きなアーティストのコンサートに価値を感じている場合は、日々の食費を削ってでもチケットを手に入れようとします。

商品に価値を感じてくれていれば、値引きがなくても、人は多少の無理をしてでも買おうとします。

商品に価値を感じてくれたお客様に自分の商品を届ける。

シンプルですがビジネスをするうえでとても大切なことです。

でも反対に、あなたの商品に価値を感じない人だっているんです。

そういう人には売ってはいけません。

そもそも価値を感じてないんですから、「その商品がどうしても欲しい」と思って購入した人よりも商品やあなたに対する信頼は低い。

その商品にちょっとでも自分にとって不都合なことがあると、鬼の首を取ったような勢いでクレームを言ってきます。

僕は接客業もしているので、このような事例にたくさん遭遇してきました。

会社の方針で、自社の作った商品を過剰な値引きで販売したあまり、本来なら買うべきではないお客様が商品を購入する。

そうすると、だいたいこのような出来事が起こりました。

Aさんの例に話を戻すと、大幅な値引きをしたことで、商品は売れました。

しかし、本来買うべきではないお客様が商品を購入したばっかりに、クレームに発展。

そのクレームに対応するために、Aさんは多くの時間を費やすことになってしまいました。

ビジネスの基本は価値を提供すること

ビジネスの基本は、お客様に価値を提供することです。

自分の作った商品が本当に価値のあるものであるのに売れない。

そういうときは、Aさんのように大幅な値引きをするのではなく、価値ある商品を多くの方に紹介する「仕組み」を整えるほうが大事です。

「良いものを作れば勝手に売れていく」なんて考えは販売側の勝手な考えです。

価値ある商品を人々に紹介する仕組みを作らなければ、商品は売れません。

その仕組みを作るうえで、インターネットはおおいに活用できるんです。

ぜひ商品が売れないときは、その商品を紹介する仕組みに注目してみましょう。

それでは、また!

価値ある商品

39歳会社員がスキマ時間で月5桁稼ぐモデリング戦略を配信中

僕は子供の頃からお金にまつわる苦労が絶えず、
お金とは我慢や苦しみの対価として稼ぐものと思ってました。

社会に出て会社に勤めてからも、上司との人間関係に大きなストレスを感じつつも、生活のために我慢に我慢を重ねて人知れずストレスを抱えていました。

そのストレスを発散するために夜の街で飲み歩いて、お金を散財。
結果、給料日までお財布がすっからかんなんてことはザラでした。

生きるためには死ぬまでずーっと会社でのストレスに耐えないといけないと
絶望してました。

でもネットビジネスと出会い、自分の苦手を我慢し続けてお金を稼ぐのではない、お金の稼ぎ方を知ることができました。

副業でネットビジネスに取り組むことで、気持ちに余裕ができ、会社勤めの時間も以前よりも苦痛ではなくなってきました。

そんな僕のこれまでの詳しいプロフィールやブログの理念についてもお話させて頂いているので、ぜひ気になったらこちらもお読みいただけると幸いです。

さらに僕の公式LINEでは、下記のような質問にも個別でお応えさせて頂いています。

例えば

・何はなくともまずは、あなたが○○〇〇を始めるべき理由
・「自由へのカギ」○○〇を使いこなそう

などなど。

ぜひ公式LINEもチェックしてみてくださいね!


仕事
自由への導火線

コメント

タイトルとURLをコピーしました